韓国留学 DIARY

日韓関係がよくなりますように

【現役留学生からの声】コロナ禍での韓国留学について~隔離後編~

f:id:mirai-918:20210521142439j:image

あんにょんはせよ♪
前回の記事に引き続きまして、今回も延世大学に留学中の現役留学生Aさんのお話の続きを伺ってみたいと思います!今回のお話は、~隔離後編~です!それでは、よろしくお願いいたします!


↓前回の記事(~隔離生活編~)はコチラ

www.koreadiary.work

 はい!今回も私個人の経験ではありますが、ぜひ読んで頂ければ嬉しいです!

 

<Aさんの経験~隔離後の生活編~>

隔離期間の14日間、耐えに耐えきり、2月14日の12時。やっと外に出る事が許されました。ですが、私が隔離されていた地域では、まず2週間分のゴミの処理からしなくてはならなくて、この時もまた私は焦りまくっていました、、。

とりあえず泊まっていたところの契約も12時までの契約だったので、なるべく早く荷物をまとめて(私は一刻も早く出たくて2日前から荷物をまとめてました)、まずコンビニに行って市で指定されたゴミ袋を買いました。

そして、2週間使っていたゴミ袋ごと入れて、ゴミ捨て場に置き、完了です。ここまで無事終わらせれば、もうここからは本当に自由になるので、部屋の鍵を閉めて鍵を返し(私の場合は人に返すのでは無く出入口の前に鍵回収ボックスがあったのでそこに入れました)、そこから荷物を持って家までの道を地図で見ながら家の大家さんに連絡をし合流!という流れでした。

にしても本当にお疲れさま自分…という気持ちと共に、これからの新しい生活や大学生活はもっと頑張らないと!という気持ちでした。

本当にご苦労様です。。なんと、、隔離後のゴミの処理は考えつきませんでした、、、まさに経験された方のみに教えていただける隔離後のエピソードですね、、。

そうなんです。。でも、隔離後はこんな感じというイメージができていれば、私のように焦ることはないと思います!是非、ご参考ください。

貴重なお話、ありがとうございました!次回の外国人登録についてのお話も楽しみにしております!