韓国留学 DIARY

日韓関係がよくなりますように

【給付奨学金】カサングローバル奨学金

あんにょんはせよ♪

今日はカサングローバル奨学金という

韓国企業から頂ける奨学金についてご紹介します✨

 

実は、今日カサングローバル奨学金の授与式があり、

行ってきました!😭

 

カサングローバル奨学金は、광동제약(広東製薬)という、韓国の製薬会社から頂ける奨学金です。

韓国人なら誰でも知っている비타500(ビタミン飲料)や、トウモロコシ茶を販売している会社の奨学金事業で、今までは韓国の中高生を対象に奨学金を支援していたみたいですが、去年から外国人留学生への支援も始まりました😳✨

 

광동제약 (広東製薬)の初代会長チェスブ会長は、なんと日本の福島県出身。

日帝時代、朝鮮戦争時代の大変な時期に人々の健康の為に何か出来ることはないかと思い漢方を売り始めた事が創業のキッカケだったらしいです。

f:id:mirai-918:20190702123312j:image

 

この奨学金の主な支援内容は、

☑︎生活費奨学金: 年間30万円(2回に分けて支給)

☑︎광동제약(広東製薬)でのインターンの機会提供

☑︎奨学生同士の定期交流

この3つ。

 

自分が苦しい中でも周りの人々の健康を考えて創業を始めたって本当に素晴らしいなと思います。

日帝時代に日本で生まれご苦労されただろうに、日本人の事も尊敬して日本の本を読んだり、こうして韓国に勉強しに来た日本人留学生も支援して下さる事に心の温かさを感じ、自分の苦労を超えて誰かの役に立つ人になれる秘訣を私も知りたいと思い奨学金に応募しました。

 

審査は書類とグループ面接。

ダメ元で応募して、一次審査はなんとか通りましたが、二次の面接で感じたことは、

完璧落ちた。。。

質問された事に対して、自分の思いは精一杯伝えはしましたが、一緒に面接を受けた皆さんは、、

こんなstart-up大会に参加した!だったり、

こういうインターン経験した!だったり、

(韓国ではインターンは、2ヶ月以上が一般的😳)

皆さんスペックが凄すぎて、周りに圧倒されて面接が終わってしまったと思っていました。

 

でも、なんと審査結果は合格。

400人の志願者中、合格者11人。

 

びっくりしましたが、今日の授与式で感じたのは、実際何かをやってきた!というすごい方達よりも、純粋に何かを学びたいと思っている人達を選んでくださったような気がします(T ^ T)。

 

もう学期末だけど、バイト代はまだ入ってこないし、通帳にはほぼお金が入ってなくて、下宿費とかどうしよう😳と思っていましたが、いろいろと感謝。

 

奨学金の詳細は、延世大学の学科のホームページの公示に載っていました!外国人留学生向けの様々な奨学金があるので、ご参考ください🌱

➡️http://glc.yonsei.ac.kr/gld_jp/index.do