韓国留学 DIARY

日韓関係がよくなりますように

【現役留学生からの声】コロナ禍での韓国留学について~入国準備編~

f:id:mirai-918:20210519135203j:image


あんにょんはせよ♪
前回ご紹介いたしましたAさんのお話を早速伺ってみたいと思います!今回は、気になる~入国準備編~です!それでは、よろしくお願いいたします!

www.koreadiary.work

 

はい!私個人の経験ではありますが、ぜひ読んで頂ければ嬉しいです!

 
<Aさんの経験>

私が本格的に準備をスタートするのが遅かったのもありますが、私はかなり破茶滅茶になってしまいギリギリまでバタバタでした。(泣)


私の入学した延世大学では、元々は1年生は絶対的に大学の寮に入って過ごさないといけないということが決まっていました。ただ私は完全に油断をしていて、気づけばもう出国まで2週間になってしまっていました。

私の出国日が2月14日だったのですが、2月に入ってもまだ寄宿舎などの詳細の連絡が来ておらず、さすがに心配で不安で仕方がなくなってしまったので、大学の方に問い合わせをしました。

2日程経った日にようやく学校から連絡がきました。詳細を見て私の留学人生が想像以上に大変なんだと言うことを思い知りました。なぜかというと、今年から大学の寮に入る際には、胸部X線結核診断書、MMRの予防注射を受けた診断書、コロナ検査陰性結果を提出することが条件だと書いてあったからです。

もし胸部X線結核診断書とコロナ検査結果のみでしたらギリギリ大丈夫だったのですが、MMRの予防注射については初めての経験で、予防注射を一本も打った経験が無い人は、出発までの2週間程で2本打つというのは不可能だったんです。(MMRの予防注射は、2本打たないと行けないのですが、1本を打ってから数十日ほどまで待たないと、2本目を打つことはできないとのこと)

私は出発2週間前にして、宿所も見つかっておらず、とにかく韓国での生活場所を探さないといけなくなり、韓国に住んでいる先輩の方やおうちコリアさんなどにも思い思いに御連絡をし、色々なサイトを調べと,,,家族にも周りの方にも心配をかけてしまいました。

そんな中、出発5日前に、日韓夫婦の方で留学生のシェアハウスを経営している方のサイトを見つけました。そこで、すぐにご連絡をし、出発2日前にお家を決めることが出来たんです。そんなこんなで、気づけばもう入国当日でした。

入国まで本当に波乱万丈だったんですね。留学前の準備って本当に大変だったな...と私も改めて留学を目前にしていた時のことを思い出します。その後、Aさんがコロナの隔離期間(2週間)をどのように過ごされたのかが気になりますね...!!

 

そうなんです。。次の記事で、隔離期間についてご紹介させていただきます!